カードローン審査

MENU

「今利用しているカードローンの借入限度額を増額したい」
このように思われる方も多いのではないでしょうか。

 

カードローンの借入限度額は、初めての契約では少額のケースがほとんどです。
利用を続けていくうちに「もう少し借りたい」と考える方も多いでしょう。

 

お試し期間が終了すれば増額可能?!

カードローンでは初めての契約では借入限度額が低めに設定されるケースがほとんどです。
これまで利用実績の無い方に対して高額融資を行うには危険があります。カードローン会社にとって「おためし期間」といえる意味合いが強い性質もあります。

 

多くの会社では3ヶ月〜半年程度は「お試し期間=様子見の期間」とする傾向があります。
契約後の借入と返済の状況を確認して「このお客様は信用できそうだ」と判断されると、増額のチャンスといえるでしょう。いわば「お試し期間が終了」したことになります。

 

10万円の借入限度額のお客様が9万円を借りては返済し、また借りては返済を繰り返していたとします。このお客様の借入限度額を20万円に増額すれば、もう少し借りてくれそうな感じです。

 

結果20万円に増額を行い、15万円を借りて返済してくれれば、それだけカードローン会社の利益が増加することになります。金融会社の中にはこのような顧客に対して「今月は何件増額を目指す!!」といったノルマがある先もあるそうです。

 

増額方法は?

カードローンの増額方法には2通りがあります。
会社側から増額提案を受けるケースと、増額を希望して申込を行うケースです。

 

前者の場合、既に社内審査が完了していますので、OKを出すと直ちに増額が完了します。
案内の期日が設定されているケースがほとんどですので、増額を希望する場合には速やかに回答するようにしましょう。もちろん「増額したら使い過ぎてしまいそう」と思われるなら断ってもかまいません。増額案内は絶対に受ける必要はありません。

 

後者の場合には、増額に対する審査を受ける必要があります。
窓口やインターネット、電話などで手続きを依頼することができますが、収入証明書などの書類を再提出しなければいけません。対応方法はカードローン会社によって異なっていますので、担当者に問い合わせてみるとよいでしょう。

 

増額の申込を立て続けに行うと、逆に敬遠されることになります。
「それほどお金に困っているのか」と疑念を持たれることで増額審査にも悪影響を与えることになります。一度増額の申込を行った後は、最低でも半年から1年以上は間隔をあけるようにしましょう。おすすめのタイミングは昇給後です。

 

また一度のたくさんの額を増額希望することも避けるべきです。
今の借入限度額が10万円の方が、いきなり100万円に増額を希望すると審査にも抵抗感が生まれます。

 

中にはスムーズに審査に合格することもありますが、いきなり一気に増額できる可能性は低いといえるでしょう。
年に1回程度、10万円〜20万円くらいの間隔で増額申込を行うのが無難です。