カードローン審査

MENU

「どうしてもカードローンの審査に通らない」という方も中にはおられます。
カードローンの審査に不合格となる理由はそれぞれですが、問題は「公表されない」という点です。

 

不合格となった理由を明確に知ることはできません。
しかし不合格となったからには、必ず何らかの理由が存在している筈です。
その原因を根本的に解決しなければ、いつまでたっても合格することはできないでしょう。

 

審査基準が各社異なっているからといって、問題を解決しないで申込を行ってもどこでも同じ結果となるでしょう。自分がなぜ不合格となったのかを、正確に理解して解決に務めるようにしましょう。

 

他社の借入が多い

カードローンの審査で不合格となる理由で、最も考えられるのが「他社の借入が多い」という点です。「他社の借入3件以上で否決」「他社借入額20万円・30万円で不合格」という事例が圧倒的に多くなっています。

 

とくに「借入金額」よりも「借入件数」が審査では大きな影響を与えるといわれています。

 

細かい借入をたくさん利用している→信用力が低いから高額融資を受けることができない、と判断されるのです。誰でも信用力の低い方にお金を貸すのは抵抗があるでしょう。

 

また「総量規制」の対象となるカードローンでは「年収の3分の1以上」の借入があると、審査には合格することができません。他社で既に「年収の3分の1」以上の借入を利用している場合には、法律上の制限でカードローンを利用することはできません。

 

他社の借入件数や借入金額は「個人信用情報」の確認により正確に調査されます。
申込時に誤魔化して申告したとしても、すぐにばれることになります。それどころか「嘘をつく方は信用できない」として即座に否決されることになりますので注意しましょう。

 

高収入でも不合格となることもある!!

不合格となる方の中には「年収は問題ないのに何故不合格となったのだろう」と思われる方もおられるかもしれません。その理由は「他社の借入金額が多い」ことが原因なのかもしれせん。

 

収入が十分であっても借入件数や借入金額が多いと、それだけ返済に追われることになります。その結果「返済能力が低い」と判断されるのです。

 

逆に収入自体が少なくても、他社の借入件数が少なく借入金額も少額であれば、条件次第では十分合格することができるでしょう。他社の借入金額が多いという方は、できるだけ返済を進めた段階で申込を行う必要があるということです。

 

携帯電話の料金未払いがカードローン審査に悪影響を与える!!

カードローンの審査で調査される個人信用情報では、借入件数・借入金額以外に過去の借入返済状況なども調査対象となります。ここで盲点となるのが「クレジットカードの支払い状況も調査対象となる」という点です。

 

クレジットカード会社とカードローン会社が加盟する個人信用情報機関は、多くが共通のシステムにより運営されています。つまり個人信用情報で照会される事項の中に「クレジットカードの利用情報」が含まれることも十分あり得るのです。

 

「一度だけ口座残高不足で携帯電話料金の引き落としがされなかった」
このような事象も個人信用情報では「延滞」と判断され、それがカードローンの審査にも大きな影響を与える危険性もあります。

 

例え「うっかり入金を忘れていた」としてもそのような言い訳は通用しません。
クレジットカードの利用状況も大きなポイントであることも理解しておきましょう。