カードローン審査

MENU

カードローンの利用を考えている方の中には、「はたして自分は審査に合格できるのだろうか?」と不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

 

カードローンの審査基準は各社で異なっており、また一般的には公表されていません。
この点「審査を受けるに対しての不安」の理由のひとつとなっています。

 

ただし審査の目的が「返済能力の判断」にある以上、ある程度の基準は各社で共通しているはずです。ただし審査に関係する項目にも様々な種類があり、例えば同じ年収の方であっても審査に合格できる方と合格できない方が発生します。

 

この差はどこにあるのでしょうか。
それは、様々な審査項目を総合的に判断する結果といえるでしょう。

 

例えば収入が十分でも、他社の借入が多い場合には不合格となるかもしれません。
また収入が多くても勤続年数が短ければやはり不合格となることもあります。
このように審査項目を「総合的に」判断するのが審査の難しいポイントといえるでしょう。

 

審査項目の大半は「申込書記載内容」

では審査項目にはどのようなものがあるのでしょう。
カードローンを利用するには「申込書」に記載、あるいは入力することになります。

 

この申込書はカードローン会社により異なりますが、項目内容はある程度同じような内容になっています。そしてその項目内容のほとんどが、審査に影響を与えていると想像することができるのです。

 

その内容には次のようなものがあります。

 

勤務先

一番有利な勤務先といえば「公務員」でしょう。
収入が安定しているという点では、公務員が一番と考えられます。
不況であってもまずボーナスが支給され、減給もあまりありません。

 

次いで「大企業」「中小企業」「自営業」と続きます。
「無職」の場合は特殊なケースを除くと、まず審査には合格できません。

 

雇用形態

やはり一番有利なのは「正社員」で次いで「派遣社員」「アルバイト・パート」と続きます。
最近では「アルバイトやパートでも利用可能」と明記したカードローンも増えてきています。
必ずしもアルバイトやパートが審査に合格できない理由とはいえない側面があります。

 

年収

年収が審査に影響を与えるのは、合否ではなく、借入希望金額が大きいとされています。
安定した収入があれば審査自体には合格できますが、借入希望金額が年収に対して多すぎると減額となる可能性が高くなります。

 

つまり収入の金額よりも収入に見合った申込金額かどうかが問題となるのです。
特に「総量規制の対象」となるカードローンは「年収の3分の1」を越える借入はできません。

 

また「総量規制の対象外」のカードローンであっても「年収の3分の1」の金額がボーダーラインとなる傾向があります。

 

健康保険証の種類

意外と盲点なのが「健康保険証」の種類です。
会社勤めであれば「社会保険証」「組合保険証」は勤務先から交付されています。
また自営業であれば「国民保険証」となります。

 

このように勤務先属性を判断する意味でも重要ポイントになります。
一番評価が高いのが公務員などの「共済保険証」、次いで大企業の「組合保険証」中小企業の「社会保険証」自営業やアルバイトなどの「国民保険証」の順となります。

 

勤続年数

勤続年数についてはいうまでもなく長ければ高評価となります。
勤続年数が長いほど収入が安定していると判断されるためです。

 

5年以上の勤続年数であればまず問題はないでしょう。
逆に半年程度の勤続年数では厳しく判断されることになります。

 

居住形態・居住年数

持家か賃貸かの判断ですが、持家の場合はその名義が関係してきます。
本人名義であり住宅ローンが無い場合には高い評価を得ることが可能です。

 

住宅ローンを利用されている場合には、毎月の返済金額と収入のバランスが問題となるでしょう。当然ながら返済が遅れている状態では、カードローンの審査も合格することはまずできません。家族名義であっても同居していれば収入を自由に利用できるため高評価を得ることもできます。

 

賃貸の場合は、居住年数が大きく関係してくるでしょう。
たびたび引越しをされている方は「夜逃げ」をする危険性も高いと判断されることもあります。そのため居住年数は長いほど有利となります。

 

家族構成

「自由に使えるお金」を考えた場合、一番高い評価を得ることができるのが「独身で家族と同居している」方でしょう。

 

同居してしかも子供がいない場合には生活費その他の支出も少ないと判断されるためです。既婚者で親と同居していても子供がいる世帯では、子供にお金がかかると判断されることもあります。

 

独身・既婚問わず同居していなければ生活費が発生すると後向きに判断される傾向もあります。