カードローン審査

MENU

カードローンには「借入限度額」が設定されます。
この「借入限度額」を正確に理解してカードローンを利用されていますか。

 

中には勘違いしたままカードローンを利用している方もおられるのではないでしょうか。自分が利用している、または利用を検討しているカードローンの借入限度額については正確に理解するようにしましょう。

 

借入限度額とは?

そもそも「借入限度額」とは何なのでしょうか?
カードローンは「一度借りたらそれきり」というわけではありません。
借入限度額の範囲内であれば、何度でも借入できるのがカードローンの大きな特徴です。

 

例えば50万円のカードローンを契約して、同時に50万円借入したとします。
その後の返済により借入残高が30万円まで減った状態では、借入限度額の空き枠は20万円となります。この20万円の空き枠は基本的にいつでも追加で借入を行うことのできる枠となります。

 

もちろん空き枠を利用することなく、最後まで完済するのも自由です。
その後「解約」をしなければ、空き枠50万円となったカードローんで再度借入を利用することもできます。

 

当然「借入限度額」を越えた借入はそのカードローンでは利用できません。
50万円を越える融資を希望する場合には、別商品を申し込むか、50万円のカードローンの借入限度額を「増額」する必要があります。

 

最大借入額と借入限度額の違いに注意!!

カードローンの宣伝などには「500万円まで融資可能」「最大500万円の借入限度額」といった内容を見かけることができます。この「500万円」が最大借入額です。

 

これはカードローンを取り扱う会社がお客様に対して最大500万円貸せるというだけの意味です。個々個人の利用限度額が500万円というわけではありません

 

どれだけ収入が多い方でも、どれだけ返済能力が高い方であっても、500万円以上は融資できませんよ、という意味でもあります。つまり「最大500万円」のカードローンでは、500万円の範囲内で審査により個々個人の借入限度額が決定されることになります。

 

この宣伝内容を見て「500万円借りることができるんだ!」と勘違いしないように注意しましょう。

 

借入限度額を左右する条件とは?

では審査において借入限度額を左右する条件はどのような点なのでしょうか。
審査基準は各社で異なっていますので一概に判断することはできませんが、通常は次のような条件が影響を与えています。

 

○総量規制
借入限度額に大きな影響を与える一番の条件は、やはり「年収」でしょう。
中でも「総量規制」の影響をきちんと理解しておくことが大切です。

 

「総量規制」の制度下では「年収の3分の1」を越える借入が禁止されています。
借入総額は他社分も合計され、カードローンの場合には「借入残高」ではなく「借入限度額」ベースで判断されます。

 

仮に利用金額0円のカードローンでも総量規制の対象となりますので注意が必要です。
総量規制の制度下では、例えば年収600万円の方が利用できる金額は、法律上最大200万円となります。

 

総量規制対象のカードローンで500万円の借入限度額を希望するなら、年収はその3倍の1500万円必要となります。一般的な方でこれだけの年収を確保できる方は、それほどおられないでしょう。

 

銀行カードローンなどは総量規制の対象外ですが、それでも「年収の3分の1」がひとつの目安となっています。この規準を越える借入は返済能力的にも厳しいと判断される傾向にあります。

 

○利用実績
カードローンの利用を初めてという方は、他社の利用もなく借入限度額も高く設定されると思われるのではないでしょうか。しかし実際には初回利用者の場合、借入限度額は少なめに設定される傾向にあります。

 

初回利用者の場合には、これまでの借入実績や他社の利用状況(クレジットヒストリー)が白紙の状態です。借入情報に対する信用力を判断する材料が乏しい分、審査上も慎重に成らざるを得ない側面があります。

 

借入と返済を繰り返していくうちに信用力が高まり、増額が可能となる仕組みであることを覚えておきましょう。