カードローン審査

MENU

「ブラックでもカードローンは利用できるのか」
ブラックになった理由は人それぞれです。

 

長期の延滞、金融事故、申込ブラックというものも存在しています。
はたして「ブラック」の状態でカードローンは利用できるのでしょうか。

 

ブラックとは?

そもそも「ブラック」の定義とは何でしょうか。
「ブラックリスト」という名称も聞くことがありますが、実際にはそのようなリストは存在していません。

 

「ブラック」とは「個人信用情報」に何らかの問題がある状態を意味します。
その中身は主に次の通りです。

 

・長期の延滞
過去の借入で長期(概ね3ヶ月以上)の返済遅延を行った。

 

・金融事故
自己破産・債務整理などの金融事故を引き起こした。

 

・申込ブラック
一度にたくさんの会社に申込を行った。

 

これらの情報は5年間〜10年程度個人信用情報に記録されます。
この期間はカードローンはおろか、クレジットカードの審査にも合格することが難しくなります。

 

借りたお金はきちんと返済するのは、当然のことです。
これを守らなかった方には、何らかのペナルティーが科せられるのも当然といえるでしょう。

 

ブラックでも利用できるカードローン

ではブラックの状態ではカードローンは絶対に利用できないのでしょうか。
よく調べてみるとブラックの状態でも審査に合格できるカードローンも存在しています。
大手では皆無ですが、中堅消費者金融の中にはブラックの方の利用を認めている先もあります。

 

「ブラックだから貸してはいけない」という法律は存在していません
貸すか貸さないかは金融業者の判断次第なのです。
たとえブラックの状態であっても、十分返済できるだけの能力があれば借入も可能です。

 

ブラックになってしまった後でも、可能な限り返済を続けて、信用力を回復させる努力を積み上げるようにしましょう。中堅消費者金融は、ブラックとなってしまった後の返済状況なども審査の判断材料としています。「一生借りることができない」と考えるよりは、自己努力を継続していくことが大切です。

 

ただし「ブラックOK」と宣伝している消費者金融の中には悪徳業者もたくさんあります。
高い金利や手数料を請求してくる悪徳業者は「どうしても借りたい」という消費者心理を巧みに利用してきます。

 

インターネットの口こみ情報などを確認して、このような手口に騙されないように注意しましょう。