カードローン審査

MENU

日本の平均寿命は年々伸びており、今では世界でも有数の長寿大国となっています。
シニア世代向けのサービスも充実するようになり、各社がシニア向けサービスを新たな市場として注目するようになっています。

 

それは金融業界でも同様です。
老後を豊かに送るのにお金が欠かせません。

 

しかし80歳を越える高麗者は、カードローン利用の年齢制限に引っ掛かりなかなか利用できないのも事実です。はたして80歳以上が利用できるカードローンは存在しているのでしょうか。

 

高麗者向け有担保カードローンが存在する!!

一般的な金融機関で高齢者を対象とする商品を見つけるのはなかなかできません。
しかも「無担保カードローン」となると、ほとんど取り扱っていない状況です。

 

通常のカードローンは「69歳までも」という条件が定義されており、また「安定した収入がある方」という条件には「年金収入」などは含まれません。カードローンの利用途中で残念ながら亡くなってしまった場合、貸倒になるリスクを避けるためです。

 

一方「有担保カードローン」を取り扱う金融機関の中には80歳以上の高齢者でも取扱を認めている先もあります。

 

最近では「リバースモーゲージ」とも呼ばれており「自宅を担保にして借入する」方法が注目を集めています。住宅を担保にして一定額の融資を受けることができる「リバースモーゲージ」はカードローン分野でも活用されています。万が一利用者が亡くなった場合でも、担保として預かっている住宅を処分して回収することができます。

 

リバースモーゲージの条件

リバースモーゲージを取り扱う金融機関は年々増加しています。
最初に取り組みを始めたのは国で、2002年に厚生労働省が長期生活支援の方式の中で導入し、現在では都道府県社会福祉協議会が実施しています。
その条件は次の通りです。

 

・65歳以上(上限の明記なし)
・配偶者、同居人がいない
・非課税世帯
・不動産名義が申込者本人
・不動産に賃借権、抵当権などの設定がない
・土地の評価額が1500万円以上の戸建住宅(場合によっては1000万円まで引き下げることも可能)

 

民間金融機関で導入されているリバースモーゲージでは、さらに自由度が高くなっています。
「配偶者・同居人がいても融資可能」としている先も多く、高額融資を一度に受けることも可能となっています。

 

資金使途が限られないカードローン形式の商品も登場しており、今後さらに取扱先も増えてくることが予想されています。

 

当然借金である以上、いくつかのリスクもありますので、興味のある方は金融機関の担当者に一度相談されてみてはいかがでしょうか。