カードローン審査

MENU

「カードローンを利用したい」
このように思われる方の理由は様々です。

 

・冠婚葬祭で急にお金が必要になった
・趣味の費用が欲しい
・生活資金が足りない
・将来のための資格取得費用として

 

理由次第では「どうしても早急に借りたい(借りなければいけない)」というケースもでてくるでしょう。そのような場合一番気になるのが「審査に合格できるかどうか」ではないでしょうか。

 

金利などの各条件よりも「まずは審査に合格すること」を第一条件と挙げる方も多いかもしれません。時間的余裕があればじっくり比較することができるでしょう。しかし時間的制限の中では「審査が甘い先」で優先的に申し込みを検討するのではないでしょうか。

 

あなたは「カードローンの審査が甘い」とはどのような意味を持つのか分かりますか?

 

詳しくは・・・お金を借りるのに金利が安くておすすめの方法は?

 

カードローン審査の基準は人それぞれ!!

「カードローンの審査が甘い」と聞くと「誰でも簡単にお金を借りることができるのでは」というイメージを持たれるかもしれません。

 

「審査が適当に行われる会社」と思われるかもしれませんが、実際はそのようなことはありません。

 

「審査が甘い」というのは実際にカードローンを利用した感想であることが大半です。
Aさんが簡単に借りることができたことから「ここは審査が甘いよ」とBさんに紹介しても、Bさんも必ず審査に合格できるとはいえません。

 

口コミ情報を信じて申し込んだCさんが審査に不合格となることも決して珍しいことではありません。

 

またカードローン会社から「当社は審査が甘いですよ」と宣伝を掲げることもまずありません。カードローン審査は一般的には公表されず、また利用者それぞれにより異なるものです。「当社は審査が甘い」と宣伝すると「審査が甘いというから申し込んだのに、なぜ私が不合格になるの」といった苦情が殺到するでしょう。

 

カードローン審査の「属性」と「信用情報」

カードローン審査において重要視されるのは「属性」と「信用情報」の2点です。

 

「属性」とはいわゆる「プロフィール」のことで、次のような項目があります。

・氏名
・住所
・年齢
・電話番号
・勤務先
・職種
・雇用形態
・居住形態
・家族構成

他にも様々な細かい項目があり、まさに「申込者のその人を表す」といってもいいでしょう。

 

この「属性」に合わせて次のような「信用情報」を加味して審査結果が判断されます。

・他社の借入状況
・他社の申込状況
・借入残高、最終期限
・過去の返済状況
・過去の金融事故情報

 

現在のカードローン審査では「属性」「信用情報」の2つの要素を点数化して、その合計で審査の可否を判断しています。スコアリング方式の審査システムで、その点数が高ければ高いほど審査に合格しやすく、低ければ低いほど審査に合格しにくくなるわけです。

 

合格・不合格を決める点数の基準はカードローン会社各社で異なっています。
あまり大きく異なることはないでしょうが、会社により重視する審査ポイントにも若干違いがあります。

 

例えば、年齢を重視する(つまり高点数を与える)先もあれば、雇用形態を重視する(高点数を与える)先もあるということです。これにより「A社では不合格だったが、B社では合格できた」という現象が起きてくるのです。

 

この審査基準も一般的には公表されず、一覧表などで表示されることもありません。
どの会社がどの項目を重視し、どれだけの点数を与えているのかを知ることはできません。
口コミ情報などを集めながら、ある程度推測していく必要があるでしょう。

 

「審査なし」には要注意!!

雑誌の広告や電車のつり広告などで、次のような宣伝を掲げている金融業者を見かけたことはないでしょうか?

 

「審査なしでお貸しします!!」
「誰でも即融資可能!!」
「無審査で即日融資いたします!!」

 

「すぐにお金が必要」といった方にとっては非常に魅力的に見えるかもしれません。

 

「審査が不安」といった方にとっては審査なしでお金を借りることができるのであれば「願ったりかなったり」ということですぐに飛びつくかもしれません。

 

しかしこのような甘い誘いにつられるのは非常に危険です。

 

 

審査がほとんどなしで利用できるカードローンも一部には存在しています。
例えば銀行住宅ローンの契約をされた方向けの銀行カードローンなどはそれにあたります。
住宅ローンを利用することで金利を優遇したお得のなカードローンをセットで利用できるものです。

 

しかしこの場合は住宅ローンの利用において審査に合格している前提があります。
利用者の「属性」「信用情報」その他から「カードローン利用も問題なし」と判断された結果なのです。

 

このようは背景もなく審査なしで融資してもらえる、という甘い話には必ず裏があります。
甘い誘いにつられて申し込んだあげく、無理やり高い金利での契約を迫られたり、法外な手数料を請求されるといった状況にも陥りかねません。法律を順守する正規の金融業者ではなく、いわゆる「闇金」の可能性が高い先なのです。

 

思いもかけないトラブルや被害を避けるためにも甘い誘いには乗らないようにしましょう。
「審査が甘い」と「審査がない」とでは大きく意味合いが異なってきます。お金に困っている状態では、このような誘いに手が伸びてしまうかもしれませんが、そこはじっとこらえた方が賢明です。

 

銀行カードローンは審査が厳しい!?

一般的に「銀行カードローンは審査が厳しい」という印象があります。
銀行では顧客から預金を預かり、そのお金を融資部門で運用しています。

 

そのため銀行の融資は審査基準を厳しくし、なるべく返済不能になるリスクを避ける必要があります。

 

ただし現在の銀行カードローンの事実上の審査は消費者金融や信販会社が行っているケースも多くなっています。銀行カードローンの商品案内などには「○○会社の保証を受けられる方」という条件が記載されています。

 

例えば次のような銀行や商品でこのような案内を見つけることができます。

・三菱東京UFJ銀行バンクイック→アコム
・三井住友銀行→SMBCコンシューマーファイナンス
・みずほ銀行→オリエントコーポレーション
・東京スター銀行→新生ファイナンス
・じぶん銀行→アコム
・楽天銀行→セディナ
・りそな銀行→りそなカード
・イオン銀行→イオンクレジットサービス・オリックスクレジット

 

このように銀行カードローンに対して消費者金融や信販会社が保証業務を行っているケースもたくさんあります。もともと銀行融資は企業向け法人融資が主流であり、個人向けは住宅ローンなどしかありませんでした。それが社会情勢の変化に伴い、無担保個人ローンとしてのカードローンの需要も増えるに従って、銀行はその分野を消費者金融や信販会社に業務委託するようになります。

 

カードローンの分野にノウハウを備えている消費者金融や信販会社と業務提携を行うことで、そのノウハウを個人ローン分野に活かすシステムを構築したのです。消費者金融や信販会社も銀行の豊富な資金力・店舗網を活かすことができ、まさに「Win-Win」の関係を築くことが可能になります。

 

このようなカードローンの実質的審査は消費者金融や信販会社が行います。
つまり審査基準も消費者金融や信販会社に準じたものになります。
100%同じとは限りませんが、かなり近い水準であることが予想されるでしょう。

 

最近の銀行では少額の個人ローンの分野にも力を入れて推進しています。
十分返済能力がある方に対しては積極的に貸出を行っています。

 

「銀行カードローンは審査が厳しい」という風評だけで銀行カードローンを敬遠するのはもったいないかもしれません。

 

残高不足で引き落としができない!そんなときもキャッシング

毎月の支払いを口座引き落としにしている方は多いでしょう。
公共料金、家賃など私たちは毎月何らかの支払いがあるものです。
メリットの高い口座を選んでいるうちに、複数の銀行口座を保有していることもあるでしょう。

 

残高不足で引き落としができない、それがわかっているときには振込キャッシングが活用できます。
振込キャッシングとは銀行口座に直接借り入れ金額を振込してもらう方法です。
どうしても銀行に向かい時間がないというときには便利な方法です。

 

しかし、振込キャッシングは銀行の営業時間に準ずることとなるため、時間によっては翌営業日に繰り越されることもあります。
気をつけなくてはなりません。
プロミスでは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持つことで24時間利用可能になります。